本物を伝え続ける 武田染工場

宮城県仙台市 広瀬側のほとり。

今からおよそ300年前に、初代「市左衛門」が染物屋を起こしたのが「武田染工場」の始まりです。

目まぐるしく変わる時代の中で ひとつひとつ、職人の手をかけた昔ながらの染色法

「注染」と「硫化染め」にこだわり、先人の想いと向き合う本物ならではの素晴らしさを

いまに伝え続けている染工場です。

 

創業三百年 みちのくの染工房

武田染工場

http://www.sometake.co.jp/